Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和田裕美の人に好かれる話し方

和田裕美の人に好かれる話し方-愛されキャラで人生が変わる!
和田裕美の人に好かれる話し方-愛されキャラで人生が変わる!


【21冊目】
★★★★

和田裕美さんは、面白い。
おとなしい少女の部分と
芯の強いおとなの女性の部分が
混在しているように思える。

そういうところが、
親しみやすくて、好かれる要素なんだろうなって思う。

この本には、彼女自身が人に好かれるために
実行してきた実例が紹介されている。

多くの人と接して見えてたある法則。
Noと言わずに、断る方法などなど。


和田さんは、自分の性格を
いいところも、わるいところも
きちんと受け止めて、
なりたい自分(好きな自分)になるために
わるいところをカバーするための方法を
試行錯誤してきたんだということに
ちょっと驚いた。

自分が断れない性格だから、
人に嫌われるのが怖いから、
やっぱり人に好かれたいから、
○○をする。

そういうことをずっと続けてきたということに
一種の感動すら覚えた。

「万人に好かれよう」なんて、無理と
あきらめていたし、
嫌いな人は、嫌いで付き合わなければ良いと
思うこともいっぱいあった。

仕事でそういう人に出会うと、
最低限の付き合いでOK~なんて思うのが
当たり前だったから。

でも和田さんは、そういうふうに切り捨てるのではなくて、
なんとか、良い方向に持っていく方法を試行錯誤しつづけているというのが
すごい。

好かれたほうが得。
そうなんですよね。

わかっちゃいるんですが、
できない~、ストレスたまる~。
と思うこともちらほら。

この本の根底に流れているもの。

自分の性格を良くも悪くも受け入れて
なりたい自分になるために悪い部分を
カバーする別の方法を試行錯誤しつづける。

これを参考にさせて頂くことにしよう。

「私ってここが悪いところなの~」って
言う割に、改善しようとしない人って、
自分も含めて、いっぱいいる。
そういうのは、はっきりいって
受け入れているというのではなく、
単なる開き直り。
あるいは、
「悪いと思っていない」
ただそれだけ。

どちらにしても、
何の成長もしないと思うし、
そんな人にはなりたくない。

和田さん、教えてくれてありがとう。

p.s.
なりたい人がわからないときは、
なりたくない人を考えるといいらしい。
消去法のほうが、わかりやすい。

本・読書blogランキングへ

スポンサーサイト

働く女性の24時間

働く女性の24時間―女と仕事のステキな関係
働く女性の24時間―女と仕事のステキな関係


【20冊目】
★★★★

仕事をしなくなってはや3年。
結婚、引越し、出産、子育てと、今まで自分が経験したことないことばかりで、あっというまの3年だった。

でも、最近思うことがある。
もし仕事を続けていたら、7年間働いていることになる。
相当、経験を積んでいるだろうなあ、と。

たとえ、仕事をしていたとしても、はたしてキャリアが磨かれているかどうかはわからない。
ルーティンワークを繰り返し、何の刺激もなくだらだらとすごしていたかもしれないけれど、
いざ仕事を辞めて3年が経つと、いろいろ思うことがいっぱい。

子育ては、単純に楽しい。
子供が、私を必要としているのもわかる。
でも何かが足りない。

それを埋めるために、
ブログとか、HP作成にどっぷりはまっているんだけれど、
それでも満たされない何かが残っている。
必死でもがいているけれど、何も進んでいない自分。
思うようになかなか行かない自分。
そういうイライラがあるのも事実。


そういう「もやもや・イライラ」をこの本はすこしだけ晴らしてくれた。
希望の光が見えたというのだろうか。

ここにはたくさんの女性が出てくる。
どの人も、才能と能力があったんだろうなあなんて、
ひがんでしまう自分もいたりするんだけど、
私も、少しでも近づきたい。
そう思う人がいっぱいいた。

輝いている人をみると、私はいつも一気にそうなりたい。
と思ってしまう。

自分の現状とその人の距離を考えず。
何の努力もしないまま。
はっきりいって、憧れ症候群だ。

残念ながら、私は、ごくごく普通の人間。
特別な才能も、能力もない。
だから、できることは、ささいなこと。

なりたい自分に向かって、
先人の知恵を借りながら、
自分なりに行動しつづけること。

これしかない。

もう少し地に足つけて動こう。
そういうことに気づかせてくれた本に感謝。

日本をロハスに変える30の方法

日本をロハスに変える30の方法 ― BUSINESS LOHAS
日本をロハスに変える30の方法 ― BUSINESS LOHASローハスクラブ

講談社 2006-01-20
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本は、地球環境に配慮した素材と太陽光の電力でつくり、
売り上げの一部で植樹をします。


最後に書かれていた言葉が、じーんときました。
ここまで徹底しているんだ~と。

この本には、LOHASの考え方の基本や、危惧されていること。
現在取り組んでいる企業や、LOHASオピニオンリーダー達のコメント
などが、非常にわかりやすく、丁寧に書かれています。

特に企業の紹介には、さまざまな驚き、発見があり、
知的好奇心が大いに刺激されました。

そして、ますますロハスって
普通の日本人の心なんじゃないのかなあと思うのです。

また自分を振り返るきっかけにもなりました。

薬嫌いでアロマ好き、
最近は、ヨガもはじめ、
自己研鑽大好き。
ナチュラルクリーニングオタク。
雑穀米食べてる。
手作り石けんに、はまってる。

っていう、ちょっと変な人?です。
自分では当たり前だけど、このことについてじっくり話し合える人って
現実の友達では出会ったことがないなあ。

なんて、自分を振り返ってみたり・・・。

そして、
ロハスを広げていくために自分がいったい何ができるのかを
考えました。

1.サイトを充実させていくこと
2.重曹洗濯・染みぬきイベントを成功させること
3.家族にロハスな暮らしを伝染させること(笑)

本当にいろいろ刺激をくれる本でした。

最後に
この本は、LOHASを実践する人の知恵や工夫を書いているのではありません。
あくまでも、LOHASという考えで起業したいとか、
会社を変えて行きたいとか、
地域に貢献することをしたいとか、
そんな風に考えている人のための本です。

【こんな方に役立ちます】
1.環境に配慮しつつデザイン性もある、愛される商品作りをしたい方
2.住宅建築やリフォームに環境を配慮した素材や視点を取り入れたい方
3.まちづくりや、地域活性化、エコツーリズムなどを考えている方、
4.社員の心と体の健康に配慮した、職場環境をつくりたい経営者
5.ヨガやアロマなど、代替医療の事業を起業しようと思う方など
(本より抜粋)

ロハスコンシェルジュの通信講座が始まりました。
受けようかどうか迷っています。
講座を受けて、何に活かせるか。
そんなこと考えず、自己啓発として受けるべき?

本当に悩んでいます。

Appendix

Profile

mochiko

「知は力なり」
本を読んで、夢実現の道を1歩づつ歩んで行きましょ。
★★★★★…永久保存版
★★★★…何度も読みたい
★★★…1回読んで満足
★★…すぐ売っちゃう
★…読むんじゃなかった

Extra

カレンダー(月別)

01 ≪│2006/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

mochiko

Author:mochiko
「知は力なり」
本を読んで、夢実現の道を1歩づつ歩んで行きましょ。
★★★★★…永久保存版
★★★★…何度も読みたい
★★★…1回読んで満足
★★…すぐ売っちゃう
★…読むんじゃなかった

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。